「信仰」ではなく「仰信」という意味



 あらゆる宗教の本の中で使われる言葉の中に、「信仰」という言葉があります。

これは「あなたは何を信仰していますか?」とか、「〜〜に信仰しています」とか、どんな宗教を信じていますか?というニュアンスで使われているように思います。

「信仰」は分かりやすく言うと、「信じて仰ぐ」となります。「信じる」という動詞と、「仰ぐ」という動詞で成り立っています。「仰ぐ」は「尊敬すべき対象としてみる」という意味です。


浄土真宗では、これをどう捉えるべきでしょうか。

「信じる」も「仰ぐ」も、言って見れば「私が〜〜する」という「自力」の意味になってしまいます。

何度も申しますが、浄土真宗の救いは、「私が信心する」というものではなく、「阿弥陀さまからはたらきかけてくださる信心」です。

そう考えると一般的に言われる「信仰」では意味がふさわしくありません。


昔の和上さんは、「信仰」とは言わず、「仰信(ごうしん)」と言われました。

「仰信」とは、「信を仰ぐ」という意味になります。「信」は動詞ではなく、「目的語」になるのです。

「信」は阿弥陀さまの側、「仰ぐ」は私の側になるということです。


阿弥陀さまの「あらゆる迷い苦しむものを必ず救う」という願いが「南無阿弥陀佛」というお名号となって私にはたらきかけてくださるのが浄土真宗の救いです。

そのお名号がお念仏となって私の口から出てくださり、それが私の「信心」となって、阿弥陀さまのお浄土に連れて帰られるように完成されているのです。

だから、私が信じるという感覚ではなく、阿弥陀さまが用意して下さっている「信」を「仰ぐ」という受け取り方がふさわしいように思います。


 親鸞聖人は著作の「教行信証」の一番初めの「総序」に、


「きたないものを捨てて浄らかなものをねがうということが、私に出来るでしょうか。私は行に迷うものであり、信に惑うものでありますから、心がくらく智識のすくない罪悪の重い障りの多い存在です。

この私のために阿弥陀さまが遣わしてくださったお釈迦さまのお言葉によって、阿弥陀さまのみもとへ帰ることのできる最も勝れた真っ直ぐの道である南無阿弥陀佛の行につかえ、南無阿弥陀佛のおはたらきであるまことの心(信)を崇めるべきであります」


と、阿弥陀さまから直接ご自分自身に呼びかけられている説法として受け取られています。


私のためにはたらきかけ、ご苦労くださっている阿弥陀さまに、ただただ感謝し、お念仏をさせていただきたいものです。

スポンサード リンク