「南無阿弥陀佛」と「往生」について

 

 浄土真宗と聞いて、まず想像するのは、「南無阿弥陀佛で成仏する」ということではないかと思います。

私が真宗の僧侶になった時、周りからかけられる言葉は大抵コレでしたので、みんな「浄土真宗」=「南無阿弥陀佛で成仏」という理解なのだと思います。

「南無阿弥陀佛で成仏」は、おおかた意味合いとしては正しいのですが、「南無阿弥陀佛」がどういう意味なのかはっきりと答えることのできる人は少ないでしょうし、「往生」というと、「人が亡くなること」と認識している人が多いのではないかと思います。

ここではごく基本的な、浄土真宗における「南無阿弥陀佛」の意味、「往生・成仏」の意味を見ていきます。


 

 ・「南無阿弥陀佛」の6文字の意味


「南無阿弥陀佛」は「お念仏」とも言われます。

この南無阿弥陀佛のお念仏には2つの側面があります。

1つ目は、阿弥陀如来さまの救いのはたらきが文字・言葉に具現化したものであるという面です。阿弥陀さまという仏様が、私たちをお浄土に生まれさせ、仏のさとりをひらかせるための力である本願力(ほんがんりき)が人間の言葉に姿を変えたものが「南無阿弥陀佛」であるという見方です。

2つ目は、仏になれるような資質を何も持っていない私を、お浄土の仏にしてくださる阿弥陀如来さまのご恩に対する「感謝のお念仏」という見方です。

阿弥陀如来という仏さま側からすれば「南無阿弥陀佛」は救いのはたらきであり、私たち(衆生)の側からすれば「南無阿弥陀佛」は”ありがとうございます”という感謝のお念仏になります。


では次に、文字の意味を見ていきます。


南無阿弥陀佛はまず、「南無」と「阿弥陀佛」に分解できます。


 ・「南無」とは、帰依(きえ)または敬礼という意味です。インドなどの挨拶で「ナマステー」と言いますよね。「ナマステ」は「ナマス」(敬礼)と「テ」(あなた)に分解できます。直訳すると、「あなたに敬意を表します」となります。「ナマス」が中国で漢訳され「南無」になりました。

 ・「阿弥陀佛」はそのまま、「阿弥陀如来」さまのことを指します。

阿弥陀如来とは、限りない光と限りない命の仏さまです。「阿弥陀」の意味を解説しますと、まず、”ア”と”ミダ”に分けることができます。「ア」はアン、すなわち否定、打ち消しの意味、「ミダ」は「メーター」の語源で、「計る」という意味です。なので、「アミダ」とは「計ることができない」、「無限」という意味であります。


では「南無阿弥陀佛」はどういう意味かというと、「阿弥陀さまに帰依(帰命)します」ということになります。

「なんまんだぶ」とお念仏するということは「阿弥陀さまに帰命します」と言っていることになります。しかし、このお念仏をするという行為自体も実は、阿弥陀さまのはたらきであると解釈したのが「親鸞聖人」です。

 阿弥陀さまは、誰でも簡単にとなえられるこの「南無阿弥陀佛」のお念仏の中に、”私”を救うはたらきを込められました。この私の口でとなえるお念仏は私の声ですが、同時に阿弥陀さまの私を呼ぶ声でもあります。「必ず救う」という私への呼びかけです。


南無阿弥陀佛のお念仏は、私が仏さまを呼ぶ声であると同時に、私に対する「必ず救う、まかせよ」の呼び声であるのです。

 浄土真宗では、阿弥陀さまと私を「南無阿弥陀佛」のお名号、「なんまんだぶ」のお念仏がつないでいます。しかも阿弥陀さまは、西方極楽浄土におられながら、いつでもお念仏として私の口から出てきてくださり、「どんなことがあっても、あなたを必ず救う」と呼びかけ続けてくださるあたたかい存在なのです。



 ・往生、成仏とは何か


「往生」とは人が亡くなることを指すのではなく、「お浄土へ、往(ゆ)き生まれる」という意味です。

「成仏」とは魂が天国へ行くことではなく、迷いの世界から抜け出し、真理をさとった「仏に成る」という意味です。



 近代医療が凄まじいスピードで発展した現代社会、人生50年どころか、最近では60歳過ぎの方が孫の運動会の競技に参加することが当たり前の時代です。そのせいか、「死」というものを、まだまだ先の、遠くにあるものだと思ってしまいます。私もそうです。

とはいっても、80年、100年くらい経つと人間は死んでいかなければなりません。

「死」はいつも他人事で、自分も同じように死んでいく存在だとはなかなか思えないのが人間です。寿命だけの話ではありません。元気な若者であっても、明日には飲酒運転の車に跳ね飛ばされるかもしれませんし、通り魔に刺されるかもしれません。いつこの世の命が終わるかわからないのが、この世の中です。

人間、誰もが死んだら仏になれるというわけではありません。死んでそのまま終わり、という死に方もあります。ではその死んで仏になれなかった人はどこにいくのかというと、次の世界に生まれます。

どこに生まれるのかというと、仏教では6つの迷いの世界のどこかに生まれると言われています。


 【六道輪廻】(6つの迷いの世界)

 ① 地獄道……究極の苦しみの世界

 ② 餓鬼道……絶え間なく飢えの苦しみに悩まされる世界

 ③ 畜生道……人に蓄えられ、養われる、動物・魚・虫の世界

 ④ 阿修羅道…絶えず争い、対立し、戦い続けなければならない世界

 ⑤ 人間道……この人間の世界

 ⑥ 天道………六道の中では最高の世界。天国とも言われます。しかし、”なんでも手に入ってしまう虚しさ”という苦しみのある世界=天国も迷いの世界


生前の行い、その前世での行い、そのまたさらに過去世の行い…それによって、地獄に行くのか、動物に生まれるのか、また人間に生まれるのかが決まるのです。ということは今、たまたま、人間の世界にいるだけ、ということです。


”その時” が来れば、また次の迷いの世界へ生まれ、永遠に、くるくる回り続けるのです。どの世界も”迷いの世界”です。

しかも次はどこに向かうのか、みんな知りません。これを迷いの6つの道と言って、くるくる回ることから「六道輪廻(ろくどうりんね)」と言います。

この迷いのループから抜け出すことを「解脱」とか「さとりを得る」というのです。しかし先ほどの6つの世界では、どこへ行ってもさとりはひらけません。

そのために、阿弥陀如来さまは西方浄土を建ててくださり、そこに迎えとって、さとりをひらかせてくださります。

これを、往生・成仏といいます。


さらに、浄土真宗の救いの特徴として、ただお浄土に生まれて終わりではなく、お浄土で阿弥陀様と同じさとりをひらかせていただき、そこから私たちの今いる「迷いの世界」である娑婆(しゃば)に戻ってきて、私たちにはたらきかけ、さまざまに教化をする活動をするのです。


そして教化された私たちがお浄土へ生まれ、さとりをひらかされ、同じように無限に教化を繰り返すのです。

スポンサード リンク