親鸞聖人の生涯(年譜)



 このサイト自体は「浄土真宗の教義」を中心として作成していますが、教義や理論を学ぶだけでは、本当の意味で「浄土真宗」を学んだことにはなりません。


親鸞聖人はどんな時代にどのように生きられたのかという「生きざま」を実際に知ることでこそ、真宗の教義の構造が、より深く理解できると思います。


 ・親鸞聖人略年譜


 1173年 承安3年   1歳  親鸞聖人誕生

 1181年 養和1年   9歳  慈円僧正のもとで得度

 1182年 寿永1年  10歳  のちの妻である恵信尼誕生

 1191年 建久2年  19歳  磯長の聖徳太子廟に参籠 夢告を受ける

 1201年 建仁1年  29歳  比叡山を下り六角堂に百日参籠を決意、九十五日目に聖徳太子の夢告を受け、法然聖人の門下に入る

 1205年 元久2年  33歳  法然聖人より『選択集』の書写と真影を許可される

 1207年 承元1年  35歳  専修念仏停止の院宣 法然聖人とその門弟処罰 親鸞聖人は越後に流罪

 1211年 建暦1年  39歳  流罪を許される

 1212年 建暦2年  40歳  師である法然聖人往生 (79歳)

 1214年 建保2年  42歳  関東に向かう道中 佐貫(群馬県)で千部読誦(浄土三部経)

 1124年 元仁1年  52歳  『教行信証』の作成

 1234年 文歴1年  62歳  京都に帰る

 1256年 建長8年  84歳  息子である善鸞を義絶

 1262年 弘長2年  90歳  親鸞聖人往生

スポンサード リンク