ご信心について


 浄土真宗は「阿弥陀さまの救いのはたらきである南無阿弥陀佛によって、お浄土に生まれ、そこで仏のさとりを得る」という教えです。


目的としては「お浄土に生まれ、仏のさとりを得る」ということですが、そのためには「ご信心をいただく」ということが、最も重要なことです。ご信心をいただくことは難しいことではありません。しかし、そのもらい心、つまり「ご信心」の解釈を間違えると、決してお浄土に生まれることはできないのです。


 

 結局のところ、何のようもなく、何のわずらいもなく、造作もなくもらえるのが、「阿弥陀さまのご信心」です。難しい話ではありません。ご信心は、”必ず”いただけます。しかし、難しい受け取り方をすれば、いくらでも難しくなるのが、浄土真宗の「他力の信心」です。


 

 ・私を喚ぶ声を聞く


多くの人は「信心」というと「阿弥陀さまを信じる心」と思っています。そのため、ご信心をいただくことができません。よくあるのは、「私は信心が足りないから救われた気持ちになることができない」というもので、「信心」とは「私の信じ度合い」だと勘違いしている場合です。この場合、どこまでいっても納得できるときはこないため、生真面目な人ほど、大変苦しむことになります。そうではなく、阿弥陀さまの呼ぶ声が聞こえたまま、お浄土に生まれることが確かなのだと、安心することが、「ご信心」のいただき方です。

「聞こえたまんま」というのは、他でもなく「お念仏」が聞こえたまんまということです。南無阿弥陀佛のお念仏はもちろん私たちの口で声に出して称えるものですが、同時に阿弥陀さまの私を喚ぶ声です。「必ず救うぞ」という阿弥陀さまの声なのですから、その声をしっかり聞かせてもらわないといけません。



 ・私の胸の中を聞く


また、「聞く」ということも大変重要です。つまり「聞き方」が大事なのです。

お聴聞に参ってご法話を聞く時もそうです。みなさんはどのように聞かれていますでしょうか。たまに、”そのまんまを聞く”と言われて、ただボーっと聞いているだけでいいと思っている人がいます。しかしそれだと家に帰った後、「どんな話か忘れたけど、なんとなく有りがたいお話だった。」ということになります。まあ、それでも全く問題ありません。またお聴聞に参ればいいので問題ないのですが、「うわの空」で聞いたのでは、これはもったいないことです。

親鸞聖人は聞くことについてこう言われています。


 「『聞』といふは、衆生、仏願の生起本末を聞きて疑心あることなし、これを聞といふなり。」(『教行信証』信巻 註釈版 p251)


「聞く」というのは、「仏願の生起本末を聞く」ということです。つまり、阿弥陀さまのご本願の”大もと”を聞きなさいということです。ご本願の大もととは、他でもない、この私自身の胸の中です。他人事ではなく、この私の浅ましい凡夫の心が、阿弥陀さまの救いのご本願を起こさせたのです。

私たちは三毒五欲の煩悩を抱えています。考えてみると、お金の心配をしたり、人間関係に悩んだり、腹を立てたりため息をついたり…そんなことを朝から晩まで考えているのが私たちの胸の中です。これらはすべてあてのない思い、「妄念(もうねん)」なのです。私たちは来世で仏になれる身であるのにもかかわらず、そんなことは考えもしません。それどころか、いつかは死んで離れるこの人間の世界のことばかりに思い悩んでいるのです。これでは、ご信心がいただけるはずがありませんし、地獄・餓鬼・畜生の三悪道に生まれるほかないでしょう。

また、そのような自分の胸の中を知って、どうにかこの心を変えようとする人もいます。つまり、煩悩のでいっぱいの心が悪いのだと思って、それをどうにか無くそう、消そうとするのです。

しかし、これもよく考えればわかることです。その煩悩でいっぱいの私こそが、阿弥陀さまのご本願のできた大もとですので、「煩悩を無くそう」ということ自体が意味のないことなのです。煩悩の起こる心のまま、罪深い胸の中そのまんまで救うぞというのが阿弥陀さまです。その私のために阿弥陀さまは五劫という果てしない時間をかけてご本願を思案されたのです。その思案された私を救うはたらきこそが「南無阿弥陀佛」なのです。

ですから、「聞く」というのは他でもない、「自分自身の胸の中」を聞くのです。お寺のお聴聞で「ありがたそうなお話をなんとなく聞く」のが”正しい聞き方”ではありません。「自分自身の心を見つめ、その私ためのご本願を聞く」ことが、”正しい聞き方”なのです。



 ・お浄土は私のためにつくられた

 

 私を含め、多くの人は、「阿弥陀さまのお浄土なんて本当にあるのか、本当に参れるのか、仏になんてなれるのか」と半信半疑です。しかし、これが間違いなのです。先ほどから言っているとおり、阿弥陀さまの救いであるご本願や、西方浄土というのは、他でもない「私のために」つくられたものです。私のために用意されているお浄土に、生まれることができないはずがありません。仏に成れないはずはないではありませんか。

今、この記事を読まれているあなたも、書いている私も、いろんなご縁で人間に生まれて、仏法にふれ、浄土真宗の救いに出遇っています。人間に生まれる以前は、迷いの世界を転々としていたのでしょうが、今こうして、お浄土に向かうもの同士として繋がっています。私たちのような苦悩する存在をこそ救うという阿弥陀さまの喚び声が聞こえたまんまが、浄土真宗の「ご信心」です。

このご信心をいただけば、お浄土に生まれることが決まります。往生が定まるのです。

往生・成仏には「信心」だけが大切です。その信心を疑うことなく受けとることが「ご信心」なのです。

私は本当に救われるのか、どうなのか、と心配しているところに「大丈夫、必ず救いますよ、ここにいますよ」という南無阿弥陀佛のお喚び声が聞こえてきたら、心配することは必要なくなるのです。

「おかげさまで、お浄土へ生まれさせていただきます」

と安心させていただく以外にありません。

これが、浄土真宗の「ご信心」をいただく心もちです。

スポンサード リンク