「御文章」のお言葉は二つしかない



 「御文章」は、浄土真宗のお勤めやご法座の席、またお葬儀などで必ず拝読されています。

ですから、少しでも浄土真宗とご縁のある方は、一度くらいは聞いたことがあるはずです。しかし、多くの人は、法事や葬儀などで拝読される「御文章」の意味内容をちゃんと理解していません。

そのため、本来なら「ありがたいこと」を頭を下げて聞かせていただくところが、ただ形式だけで聞き流してしまっている、という残念な状態を多く見受けます。いや、私自身こそ、いつも上の空で読んでしまっています。申し訳ないことです。


「御文章」にもたくさんありますから、全部を暗記しろと言っているのではありません。その中で大事なお言葉は、実は2つしかないのです。

 御文章の目的は、阿弥陀さまの救いのはたらきである「信心(しんじん)」をいただくということを確立することです。迷いの世界を離れ、阿弥陀さまのお浄土で仏にならせていただくということを確立することを「安心(あんじん)」と言います。この「安心」をいただく心もちを表現する言葉が、2つあるのです。こういうと誤解されやすいので念のため言うと、「御安心」がふたつあるのではなくて、その「御安心を表現する言葉」がふたつある、ということです。

つまり、御文章には様々なことが書かれていますが、結局のところ、この「2つの言葉」を良く理解しておけば、どの御文章を拝読しても、蓮如上人の言わんとすることが理解できるはずです。




 ・ひとつは「後生助けたまへ」


 「後生助けたまへ」の「後生」とは、いうまでもなく「人間の人生の後の生涯」のことで、来世とも言います。阿弥陀さまに対して「後生助けてくださいませ」というのが、安心の心もちと言えるのです。 

例えば、法座の最後に拝読する「御領解文(おりょうげもん)」にも、


 「我等が今度の一大事の後生、御助け候へとたのみ申して候」


とあります。この「御助け候へ」の部分が、いわば浄土真宗の心です。阿弥陀さまの救いのはたらきを受け取る心もちであるのです。阿弥陀さまの救いのはたらきを受け取ることを「帰命(きみょう)」と言いますが、この帰命をわかりやすく言い表せば「御助け候へ」となるのです。 

昔の和上さんは、この「御助け候へ」を「安心のもらい心」と言われました。


しかし、ここで注意しなければいけないのは、「御助け候へ」が「安心のもらい心」と言っても、自力の意味ではないということです。例えば、よくあるのは、「どうぞ助けてくだされ」と自分から仏さまにしがみつくような受け取り方です。これは阿弥陀さまを追い回すような「自力」の心もちであり、自分が先手をうって出ている状態です。

そうではなく、阿弥陀さまから私に対して先手をうっておられると解釈するべきです。

浄土真宗の「他力」という考え方は、決して私から先手をかけて掴みにいくものではありません。なぜなら、阿弥陀さまから私に向けて、すでに救いの先手がかかっているからです。私が阿弥陀さまの救いにすがりつこうと追いかけるのではありません。そうではなく、追いかけられているのは私の方なのです。

私たちは表面上は阿弥陀さまの救いのはたらきに背くような態度は取っていません。「そんな態度はとってるつもりはありません」と怒る熱心なご門徒の方もおられるかもしれません。ところが、実際のところ私たちは阿弥陀さまの心とは真反対の方へ逃げ回っているのです。多くの人は、勉強してご法義に厚い念仏者に”ならないと”と思ったり、お寺参りを重ねて、穏やかな心になったようにふるまってみたりしてしまいがちです。しかし、これが阿弥陀さまの救いに背を向け、逃げ回っている行為なのです。

「そうではないですよ、そうではないですよ、あなたの方を立派にする必要はないのです。そのまま救うのですから。」

阿弥陀さまはずっとこう言いながら私たちを追いかけ回しているのですが、私たちはなかなかそれに気づくことができないのです。しかし、いづれ阿弥陀さまに追い詰められて、「おかげさまでした」とおまかせすることができた時、「後生たすけたまへ」の姿があらわれるのです。




 ・もうひとつは「かかるいたづらものを本とたすけたまへる」


御文章の重要なお言葉のもうひとつは「かかるいたづらものを本とたすけたまへる」です。

「かかるいたづらもの」とは、どうやっても助かるすべを持たないもの、どんなに時間をかけたとしても、迷いの世界を抜け出す道を見出せないものを指したお言葉です。つまり、「かかるいたづらものを本とたすけたまへる」とは、「仏のさとり」を開くことができない愚かなものを阿弥陀さまは「一番の救いの対象」とされ、助けるということであります。

しかし、私たちは言葉ではそう言われても、素直に信じることができません。また、「おまかせせよ」と言われても、そんな根拠のないものをあてにすることなんてできないと思うでしょう。そのため、「御文章はありがたいお言葉」と言われても、どこか上の空で聞いてしまっている自分がいるのです。

しかし、結局のところ、それらは「人間のはからい」なのです。凡夫である私たちの世界の、全くあてにならないモノサシで考えていることに過ぎないのです。

「必ず助けるぞ」と言われるお言葉は、「仏さまの言葉」であり「仏さまの約束」なのです。ですから、疑うことが一番の罪なのです。



「後生たすけたまへ」も「かかるいたづらものを本とたすけたまへる」も、言葉は違っていても、意味は一つです。

私たちの日ごろの生活を考えますと、いくら表面上は立派ぶっていても、中身は何を考えているかわからないありさまです。しかしそのような煩悩にまみれ、汚い心を抱える私たちを「そのまま救う」のが阿弥陀さまです。それが「かかるいたづらものを本とたすけたまへる」ということであります。そして、どこまでも先手をうって私たちを救おうとする阿弥陀さまに、全てをおまかせできた心もちが「後生たすけたまへ」という味わいなのです。




蓮如上人が「御文章」にこめた想いは一つです。

阿弥陀さまの救いの法をきいて心が清浄になるのではありません。どうしようもない汚い心を抱えるこの私こそが阿弥陀さまの救いの対象なのです。そのような愚かなもの、苦悩するものに対して「必ず仏にするぞ」とお喚びかけくださっているのです。

そのことが、

「後生たすけたまへ」「かかるいたづらものを本とたすけたまへる」

のふたつのお言葉に、集約されているのです。

スポンサード リンク