末代無智章 5−1

 

 末代無智の在家止住の男女たらんともがらは、こころをひとつにして阿弥陀佛をふかくたのみまいらせて、さらに余のかたへこころをふらず一心一向に佛たすけたまへとまうさん衆生をば、たとひ罪業は深重なりとも、かならず弥陀如来はすくひましますべし。これすなはち第十八の念佛往生の誓願のこゝろなり。かくのごとく決定してのうへには、ねてもさめてもいのちのあらんかぎりは、称名念佛すべきものなり。あなかしこ あなかしこ。



(現代語訳)

 お釈迦さまが入滅され1500年以上経過し、仏の教えが届かなくなると言われるこの”末法の世”にあって、真の智慧もなく、また、様々な欲望にさらされる在家の生活をするものは、男であっても女であっても、疑いなく阿弥陀如来さまの救いのはたらきにおまかせするべきでしょう。

そして、阿弥陀さま以外の仏や菩薩をたよりにせず、真のお念仏以外の行を行わず、ただ「南無阿弥陀佛」の救いのはたらきだけをたよりとする者を、たとえそれがどんなに罪深く、どんなに愚かな者であったとしても、阿弥陀如来さまは必ず助け、救いとってくださります。

これはつまり、第十八願に誓われる、阿弥陀さまのはたらきに疑うことなくおまかせすることで、阿弥陀さまのお浄土に生まれさとりをえるという「念佛往生」の心なのです。

このように阿弥陀さまのはたらきによってお浄土に生まれ行くことが定まったのならば、そのご恩をどんな時も忘れることなく、生涯の生活の中で、感謝のお念仏を称えさせていただくべきでありましょう。

ああ、ありがたいことであります もったいないことであります。



(補足)

 この「末代無智章」という御文章さまは、とてもポピュラーなものの一つです。 「まんだいむちの〜」という始まり方で、一度はきいたことがあるのではと思います。

始まりの「末代無智の在家」というのは、どういうことかというと、


 ・「末代」…お釈迦さまが入滅されて500年間を「正法の時代」、それ以降の1000年間を「像法の時代」、そしてそれ以降の10000年間を「末法の時代」と呼びます。末代というのは、この”末法の世”のことです。この世で仏のさとりを得たお釈迦さまが入滅され(亡くなられて)、時間が経過するごとに、その影響力は弱まっていくとされます。

 ・「無智」…無智というのは、世間的にものを知らないとか、頭が悪いという意味ではありません。仏となる智慧を精進して身につけることのできない愚かな者という意味です。どんなに頭が良くても、この迷いの世界を自力で抜け出すことはできません。

 ・「在家」…なぜ出家をするのかというと、様々な欲望、つまり煩悩が修行の邪魔になるので出家するのです。在家の身である私たちは、数え切れないほどの欲望・煩悩にさらされる環境に、毎日いるわけです。その環境にあって、自力でさとりの境地に達し、迷いの世界から離れることは不可能です。


ということです。


 この時代、この環境では、阿弥陀さまの救いでしかこの迷いの世界から離れることはできないのです。

まじないや日の良し悪しなど何のあてにもなりません。それは阿弥陀さまを疑っていることにもなります。

ただただ、どこまでも先手を打った阿弥陀さまの救いのはたらきにおまかせするばかりです。

スポンサード リンク