白骨章(白骨無常)5−16

 

 夫(それ)人間の浮生なる相をつらつら観ずるに、おほよそはかなきものは、この世の始中終まぼろしのごとくなる一期なり。さればいまだ万歳の人身をうけたりといふ事をきかず、一生すぎやすし。いまにいたりてたれか百年の形体をたもつべきや。我やさき人やさき、けふともしらず、あすともしらず、をくれさきだつ人はもとのしづく、すゑの露よりもしげしといへり。されば朝には紅顔ありて夕には白骨となれる身なり。すでに無常の風きたりぬれば、すなはちふたつのまなこたちまちにとぢ、ひとつのいきながくたえぬれば、紅顔むなしく変じて桃李のよそほいをうしなひぬるときは、六親眷属あつまりてなげきかなしめども、更にその甲斐あるべからず。さてしもあるべき事ならねばとて、野外にをくりて夜半のけふりとなしはてぬれば、たゞ白骨のみぞのこれり。あはれといふも中々をろかなり。されば人間のはかなき事は老少不定のさかひなれば、たれの人もはやく後生の一大事を心にかけて、阿弥陀佛をふかくたのみまいらせて、念佛まうすべきものなり。あなかしこあなかしこ。



(現代語訳)


 さて、”人生”というものは、あてにならない世界であります。”はかないもの”とは、人が生まれてから死ぬまでの間のことで、それはまるで幻のような一瞬の生涯です。

一万年もの寿命を授かった人など、未だに聞いたこともありませんし、人の一生とは、とても早く過ぎ去っていくものなのです。

今までに、百年もの間、若いままでいる人がいたでしょうか?

”人が死ぬ”ということは、私が先なのか、他人が先なのか…今日、死ぬかもしれませんし、明日、死ぬかもしれません。

絶え間なく続く”別れ”は、根元にしずくがしたたるよりも、葉先の露が散るよりも、多いと言われます。

 朝には元気のいい、血色のいい顔色であったとしても、その夕方には白骨となってしまうような、はかない存在なのです。

”無常の風”が吹いてしまえば、その瞬間に開いていた両目は塞がれ、二度と開くことなく、息も永遠に途絶えてしまします。

元気な顔色もむなしく変貌し、桃李の花のように美しい人も、その姿を失います。その時、家族が集まって、どんなに嘆き悲しんだとしても、それはもうどうにもならないことなのです。

亡くなったものをそのままにしておくことはできませんので、火葬します。そして夜半の煙となってしまい、あとには白骨だけが残るのです。

いたましく、はかない、不完全なものなのです。

 人間のはかなさ、つまり”別れ”は、歳をとっていようが、若かろうが、関係のなくおとずれるものなのです。

ですから、どんな人であっても「後生の一大事」を他人事にせず、私のことと受け止め、阿弥陀さまの救いのはたらきである「南無阿弥陀佛」のお念仏を申させていただくべきでしょう。

ああ、ありがたいことであります。もったいないことであります。



(補足)

 この御文章の書かれた逸話には色々な説があります。

 御文章の中にある「桃李のよそほい」から考えられるのは、蓮如上人が山科におられる時、青木民部の娘である清女が、17才で嫁入りする前に急死したことからと言われています。

「人生ははかない」というテーマにばかり目が行きがちですが、仏法は「はかない人生であるからこそ、一瞬一瞬を無駄なく生きる」ことを示す教えです。

 死んだ人をただ”死んだ人”とだけ捉えて終わりにするのではなく、「人間は死んでいくもの」ということを、いかに他人事にせず、今の自分自身に落とし込んで考えるか、が重要です。

 阿弥陀さまの救いのはたらきである「南無阿弥陀佛」のお念仏を、ただの呪文のように扱うのか、絶対他力の信心のありがたさ、尊さを噛み締め、味わうのか、ここが一番大事なのです。

スポンサード リンク