聖人一流章(聖人一流)5−10


 聖人一流の御勧化のをもむきは、信心をもて本とせられ候。そのゆへは、もろもろの雑行をなげすてて、一心に帰命すれば、不可思議の願力として、佛のかたより往生は治足せしめたまふ。そのくらゐを「一念発起入正定之聚」とも釈し、そのうへの称名念佛は如来わが往生をさだめたまひし御恩報尽の念佛とこゝろうべきなり。あなかしこ あなかしこ。



(現代語訳)


 親鸞聖人のおすすめくださる浄土真宗の趣旨と言いますのは、阿弥陀さまからいただく「信心」を根本といたします。

「信心」を根本とするということはどういうことかと言いますと、

様々な雑行(純粋な他力のお念仏以外の行)を選択せず、疑いなく阿弥陀さまの救いのはたらきにおまかせすれば、阿弥陀さまの方から、その救いの願いのはたらきによって、私たちの往生を定めてくださる。

ということです。

このように、阿弥陀さまのお浄土に往生することが定まることを、七高僧の曇鸞大師は、

「信の一念(阿弥陀さまの信心を受け取ったその瞬間)に、間違いなくお浄土に生まれ、阿弥陀さまと同じさとりをひらかせていただくことが定まる”正定聚(しょうじょうじゅ)”という位に入る」

と説明されています。

その上で、私たちが”お念仏を申す”ということがどういうことかと言いますと、阿弥陀さまが私をお浄土に生まれる身にしてくださった御恩への感謝のお念仏と心得るべきでしょう。

ああ、ありがたいことであります、もったいないことであります。


(補足)

 この「聖人一流章」は、五帖八十通の御文章の中でも、一番短いのですが、その内容は浄土真宗の重要な部分が的確に表現されており、古くから親しまれてきました。現在でも、ご法座の最後には「肝要は御文章を拝読させていただきます。」といって聖人一流章を拝読して、締めくくられています。


「聖人一流の〜」と始まりますが、これは「親鸞聖人が僧侶として一流だった」という意味ではありません。

この御文章でいうところの”一流”というのは、”〜家”とか、”〜の流れをくむ”といった意味です。 浄土門の中にも、例えば「西山派」や「鎮西派」など、いろいろな流れがあります。もちろん、教義的にも違います。ですので、「聖人一流の」というのは、「親鸞聖人の流れをくむ浄土真宗の教えの趣旨」という意味合いです。

 親鸞聖人のおすすめくださった浄土真宗の救いはあくまでも、「阿弥陀さまからいただく救いのはたらき=信心」です。

ですので、自分の信心によってお浄土に生まれたり、仏のさとりをえたりするものではなく、阿弥陀さまの「信心」を疑いなく受けとることによって、私たちはお浄土に生まれ、そこで阿弥陀さまと同じさとりをえさせていただくのです。

というわけで、私たちの称える「南無阿弥陀佛」のお念仏は、阿弥陀さまへの感謝ということを、心得ておきたいところです。

スポンサード リンク