天親菩薩の「五念門」に対する、曇鸞大師の解釈


 「五念門(ごねんもん)」とは、天親菩薩が『浄土論』で示された「阿弥陀さまのお浄土に生まれ、さとりをひらくための行」のことです。そして、その五念門を総合的に修めることで、徐々に「五果門(ごかもん)」という果があらわれます。



【五念門】

 ① 礼拝門(らいはいもん)…身業(仏を礼拝すること)…自利

 ② 讃嘆門(さんだんもん)…口業(口に仏の名前を称え、褒め称えること)…自利

 ③ 作願門(さがんもん)……意業(精神を統一すること)…自利

 ④ 観察門(かんざつもん)…智業(智慧をもって阿弥陀さまのお浄土を観ること)…自利

 ⑤ 廻向門(えこうもん)……方便智業(①〜④の行で得た功徳を、他の迷えるものに振り向けること)…利他



【五果門】

 ① 礼拝門……近門(ごんもん)…浄土に往生し、さとりに近づく。

 ② 讃嘆門……大会衆門(だいえしゅもん)…浄土に入り、そこに住む如来さまの仲間入りをする。

 ③ 作願門……宅門(たくもん)…如来の仲間入りをするということは、家に帰って安らぐようなものと例えて”宅”という。

 ④ 観察門……屋門(おくもん)…家に入ると、そこでご馳走を食べるように、浄土のうるわしさを味わう。

 ⑤ 廻向門……薗林遊戯地門(おんりんゆげじもん)…浄土においてさとりを得ると、林の園で楽しく遊ぶように、迷いの世界に戻ってきて、迷い苦しむものたちを教化していく。



天親菩薩は、この「五念門」の修行を行うことで、だんだんと「五果門」の結果を得ていき、ゆっくりと長い時間をかけ、次第に仏のさとりを開いていくと示されました。

しかし、天親菩薩は『浄土論』の最後になって、「五念門によって、すみやかにさとりをひらく」と示されます。


 「菩薩はかくのごとく五念門の行を修して自利利他す。すみやかに阿耨多羅三藐三菩提(”この上ないさとり”の意)を成就することを得るゆゑなり」 (『浄土論』利行満足章 註釈版七祖 p42)


これはどういうことでしょう。


五念門行によって仏のさとりを開くことは、本来であれば、長い時間を要するとされています。であるはずが、『浄土論』の最後に「さとりを速やかに得る」というのは、どうも矛盾します。つまり天親菩薩は同じ書物内で、2通りのことを言っていることになります。


この矛盾について曇鸞大師は「阿弥陀さまの本願力のはたらきであるからだ」と解明します。




 ・覈求其本釈(かくぐごほんしゃく)



曇鸞大師はこの『浄土論』の矛盾に対し、「それは阿弥陀さまの本願力のはたらき、つまり”他力”がはたらくからだ。」と示されます。そのことが書かれているのが、『往生論註』の覈求其本釈という部分です。


 「しかるに覈(まこと)に其の本(もと)を求むるに、阿弥陀如来を増上縁(ぞうじょうえん)となす。〜(中略)〜おほよそこれかの浄土に生ずると、およびかの菩薩・人・天の所起の諸行とは、みな阿弥陀如来の本願力によるがゆゑなり。(『往生論註』巻下 註釈版七祖編p155)


「増上縁」というのは、ここでは「最上の仏力」という意味合いです。


つまり、阿弥陀さまのお浄土に生まれるための修行である「五念門」も、

お浄土でさとりを開き、迷いの世界に戻って他を教化する活動である「かの菩薩・人・天の所起の諸行」=「五果門」も、

阿弥陀さまの本願力によって成り立っていると、曇鸞大師は解釈されたのです。


つまり、天親菩薩が『浄土論』に書かれているのは


  「一心を起こす」➡︎「五念門の行を行う」➡︎「五果門を得る」


という構図ではなく、


  「一心に帰命する」➡︎「一心帰命の”信”に五念門の行がそなわっている」➡︎「五念門・五果門は阿弥陀さまのはたらきによって成り立つ」


というのが、天親菩薩の書かれた『浄土論』の真意だと、曇鸞大師は示されました。


さらに続けて、

 「もし仏力にあらずは、四十八願すなはちこれ徒説(いたずらに設けられたもの)ならん」(『論註』巻下 註釈版七祖 p155)

と示し、これらが阿弥陀さまの「他力」によるものでなければ、四十八願は無駄事になると明かされます。




 ・三願的証(さんがんてきしょう)


曇鸞大師は、「私たちがお浄土に往生し、さとりをひらき、さらに迷いの世界に戻ってくる活動は、すべて阿弥陀さまのはたらき(増上縁)にによって成り立つ」ということを、論理的に説明するため、その証拠として「第十八願」・「第十一願」・「第二十二願」を挙げられます。

 

 【第十八願】……たとひわれ仏を得たらんに、十方の衆生、至心信楽して、わが国に生ぜんと欲ひて、乃至十念せん。もし生ぜずは、正覚を取らじ。ただ五逆と誹謗正法とをば除く。  

 【第十一願】……たとひわれ仏を得たらんに、国中の人・天、定聚に住し、かならず滅度(さとりの境地)に至らずは、正覚を取らじ。


私たちがお浄土に生まれるのは、阿弥陀さまのはたらきによって成り立つということが「第十八願」に誓われています。また、そこでさとりの境地に到達することも「第十一願」に誓われています。

これによって、


「かの浄土に生ずる(因果)」=「五念門」=【第18願】(往生の因)・【第11願】(往生の果)


となります。さらに「第二十二願」には


 【第二十二願】……たとひわれ仏を得たらんに、他方仏土の諸菩薩衆、我が国に来生して、究竟してかならず一生捕処に至らん。その本願の自在の所化、衆生のためのゆゑに、弘誓の鎧を被て、徳本を積累し、一切を度脱し、諸仏の国に遊んで、菩薩の行を修し、十方の諸仏如来を供養し、恒沙無量の衆生を開化して無上正真の道を立せしめんをば除く。常倫に超出し、諸地の行現前し、普賢の徳を修習せん。もししからずは、正覚を取らじ。(『大経』巻上 註釈版 p19)


とあり、

お浄土でさとりを開き、迷いの世界に戻って他を教化する活動である「かの菩薩・人・天の所起の諸行」=「五果門」が、「第二十二願」に誓われていることを明かします。


これによって、私たち衆生が阿弥陀さまのお浄土へ生まれることも、そこから戻ってきて教化活動をすることも、「第十八願」・「第十一願」・「第二十二願」の三つの願によって約束されたものであることが証明されるのです。

これを「三願的証(さんがんてきしょう)」と言います。




曇鸞大師は、天親菩薩の『浄土論』を詳しく解説された『往生論註』を作成し、他力廻向の信心によってすべてのものがお浄土に生まれることができることを明かされたのです。



親鸞聖人は「正信偈」において


 ・天親菩薩論註解 報土因果顕誓願

曇鸞大師は、天親菩薩が作成した「往生浄土論」を詳しく解説した「浄土論註」二巻を制作しました。

その著書で、「阿弥陀さまがお浄土を完成されたこと、さらに、どうして私たちがお浄土に生まれることができ、なおかつ阿弥陀さまと同じさとりを得ることができるのかというと、それらはすべて、阿弥陀如来になる前の法蔵菩薩の、願いと誓いのおかげで成り立っているのだ。」ということを明らかにされたのです。

 ・往環回向由他力

生きとし生けるものが浄土に生まれていくこと(往相回向)も、浄土に生まれたものが阿弥陀さまと同じさとりをひらき、迷いの世界に戻ってきて他のものを救う活動をするのこと(環相回向)も、いずれも阿弥陀如来さまのはたらき、すなわち「他力」によるものなのです。

 ・正定之因唯信心 惑染凡夫信心発

  証知生死即涅槃

阿弥陀如来さまのお浄土に生まれるには、「必ず救う」のはたらきを受け取ること、その一つで成されるのです。だから、さまざまな煩悩にまみれた凡夫であっても、この「南無阿弥陀佛」のはたらきを、うたがいなく受け取ることができたなら、その瞬間に、迷いの世界がそのままさとりの世界となることを知らされるのです。

 ・必至無量光明土 諸有衆生皆普化

どんなに煩悩にまみれたものでも、阿弥陀さまのはたらきをいただけば、限りない光の世界であるお浄土に、必ず生まれます。

そしてお浄土で仏となり、さまざまな迷いの世界にいるものたちを導き、お浄土に救い、生まれさせようと活動するのです。



と、曇鸞大師を讃えられています。

スポンサード リンク