七高僧さま

IMG 2644

 

  ・浄土真宗の伝統「七高僧」とは


「浄土真宗」は親鸞聖人によってひらかれた宗教ですが、これは親鸞聖人お一人の独断で立ち上げられた宗教ではありません。”阿弥陀さまのお浄土に生まれ、そこでさとりをひらく”という「浄土教」は、実は遥か昔から存在しており、インド、中国、日本と伝わってくる中、その各時代、それぞれの場所で、浄土教の真意を解き明かした方々が7人おられます。親鸞聖人はこの7人の先人方が築いた伝統をもとに、「浄土真宗」を立ち上げたのです。


「ここに愚禿釈の親鸞、慶ばしいかな、西蕃・月支の聖典、東夏・日域の師釈に、遇ひがたくしてすでに聞くことを得たり。真宗の教行証を敬信して、ことに如来の恩徳の深きことを知んぬ。ここをもつて聞くところを慶び、獲るところを嘆ずるなりと。」(「教行信証」総序)


このインド・中国・日本の7人の先達方を「七高僧(しちこうそう)」と呼びます。また親鸞聖人は、ご自身が浄土真宗を立ち上げたという態度はとらず、浄土真宗を創り上げたのはあくまでも、この「七高僧」の方々であるといわれています。

その「七高僧」と呼ばれる方々は以下の7人です。


インド】 龍樹菩薩(りゅうじゅぼさつ) 

      天親菩薩(てんじんぼさつ)

【中国】  曇鸞大師(どんらんだいし)

      道綽禅師(どうしゃくぜんじ)

      善導大師(ぜんどうだいし)

【日本】  源信和尚(げんしんかしょう)

      源空(法然)聖人(げんくうしょうにん又はほうねんしょうにん)※同じ人物です



 ・七祖選定の理由


 ではなぜ親鸞聖人は、この7人が浄土真宗を創り上げたと言われるのでしょう。そしてなぜこの7人なのでしょうか。

 浄土教を選び浄土に生まれたいと願うものは、この七祖以外にもインド、中国、日本にたくさんいたそうです。しかし親鸞聖人がこの7人をレジェンドとして選ばれたのには4つの理由があります。


  ① 阿弥陀さまのお浄土に生まれることを願っている

  ② 著書を残し、それによって阿弥陀さまのはたらきの確かさを世に広めている

  ③ 浄土教の教えについて、先人のコピーではなく、時代や環境に応じて、独自の視点や切り口をもっている(発揮がある)

  ④ 阿弥陀さまの本願の趣旨にふさわしい


 先ほど行ったように、浄土に往生することを願っていた有名な方はたくさん存在していたのですが、この4つの条件に一つでも当てはまらない方は、バッサリと外し、選び抜かれた以上の7名を「七高僧」として崇められたのです。


この七高僧がたの生涯や、その教学に触れることで、なぜ阿弥陀さまのお念仏が大事なのか、なぜ愚かなものが修行もせずお浄土に生まれることができ、さとりをひらく身になれるのか、ということが知らされていきます。


スポンサード リンク